転勤族の場合

スポンサーリンク
広告

転勤族の場合

申し訳ありませんが、転勤族の場合、引越し前の履歴は考慮されません。
その時所属している学校での履歴のみが考慮の対象になります。

引越し前に本部役員の経験があっても、次の学校では関係ありません。

引っ越し

frankvellis / Pixabay

任期途中の転勤

すぐにお知らせください。次点の方で補充します。
ご本人にもどうしようもないので、何も言いません。
たまに選出されてから任期が始まるまでの間に転勤になる場合もありますが、これも次点の方に連絡します。

任期が残り少なければ補充しない場合もあります。
だいたい半年以上任期があれば補充、半年無ければ補充しないところが多いです。

過去の履歴

先日、転勤族の方が「役員履歴を通帳みたいに手帳に貯めておいて、引っ越したあとも使えるといいのに!」と叫んでました。
彼女は前回の引っ越しすぐから通常の委員になって、それから4年役員を続けて、今年母親代表なので、本当に大変だったと思います。
確かにそういう制度があればいいと思いますが(献血手帳みたいなイメージ?)全国の学校というよりも全国の学校のPTAの協力が必要なので、なかなか実現は難しそうですね。

単身赴任の場合

ひとり親家庭の場合にも書きましたが、単身赴任の場合は免除されません
ひとり親家庭として扱われるのは、戸籍上もシングルマザー、シングルファザーの場合のみです。

こうしてみると転勤族の方は本当に大変ですよね。申し訳ないです。

スポンサーリンク
広告
error: Content is protected !!