ひとり親家庭の場合

スポンサーリンク
広告

基本的に免除

最近はシングルマザー、シングルファザーのご家庭も増えています。
免除申請の書類ではまとめて「ひとり親家庭」としていますが、これは基本免除です。理由は次の通りです。

  • 子供の世話をする人が少ないので、PTA 活動のために子供を放置してしまうことがないように
  • 経済的に弱い場合が多いので、活動を強制できない

ひとり親家庭でなくても、どうしても子供だけで留守番させてしまう時があるのですが、そこも何とかして欲しいものです。

ちょっと怪しいご家庭もいくつかありますが、戸籍が基準になります。
不明であれば、学校側に確認します。学校側は、ひとり親家庭の情報を持っています。
公立学校はお役所なので、母子家庭優遇の規定が残っているのです。

母と子

geralt / Pixabay

単身赴任≠ひとり親

よく抗議されるのですが、単身赴任家庭はひとり親家庭ではないので、免除になりません。
免除理由のうち「経済的に弱い」というのが当てはまらないという理由です。

実際には各家庭により事情は異なると思いますが、単身赴任では免除になりません。
活動時間については、事情をお聞きして便宜を図ることはあります。

スポンサーリンク
広告
error: Content is protected !!