副母親代表

スポンサーリンク
広告

副母親代表ってなに?

名前の通り母親代表の補佐をします。
副会長は会長の後任で見習いでしたが、副母親代表は母親代表の同期で一緒に仕事をすることが多いです。

学校によっては、母親代表を複数名置き、副母親代表を置かない場合もあります。
これは母親代表の仕事を分散し、負担を減らすためです。

ringcake

sharonang / Pixabay

副母親代表の仕事って?

母親代表と一緒に補佐をしたり、不在の場合に代理を務めたりします。
また外部の会合で、どうしても母親代表の出席が必要な場合以外は代理を務めることができます。

母親代表の仕事と重なる部分が多いですが、たいていの場合一緒に仕事をしているためです。

また母親代表が他の会合などで不在の場合、他の役員や委員会との連絡役を務めます。

校内の仕事

  • 校内の会合の準備 役員だけでなく、全保護者の集まる総会などの会合の準備です。
  • 校内の会合の進行取りまとめ 総会などの進行、司会、またはその取りまとめです。
  • 役員会準備、出席 PTAの本部役員、また各委員会の会合の準備や出席です。

校外の仕事

  • 母親代表の代理としての会合出席
  • 地域のお手伝い 地域から小学校への要請やお手伝いの窓口にもなります。

どうやったら副母親代表に選ばれるの?

母親代表と同じように、いろいろな方法で選出されます。

  • 本部役員の中から選考する(自薦、他薦あり)
  • 母親代表が一般の保護者全員の中から自分の後任を選考する
  • 推薦委員が一般の保護者全員の中から本部役員その他を選考する

任期は?

たいていの場合1年です。母親代表同様に実務に密着しているため、複数年やることはあまりありません。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告
error: Content is protected !!