ノートや付箋

スポンサーリンク
広告

ノート

個人の記録用

ノートには、ファイルに閉じた書類には書ききれなかった部分を記録しておきます。
これは完全に個人用なので、自分でノートやメモ帳を用意します。これも好きなもので構いません。

私は書類と同じA4サイズのルーズリーフに書いて、関連する書類といっしょにファイルしておきます。
情報が散らばらなくて便利です。ノート形式ではどうしても記入した順番に並んでしまうので。

学校の保管用

特定のイベントの記録など、学校ごとに「ノートに記録して保管しておくもの」がある場合もあります。

その場合は専用のノートに記入し、学校の共有・保存用ファイルに入れます。

業務日誌

jarmoluk / Pixabay

付箋

その場にいない役員や先生への伝言には、大きめの付箋(ポストイットなど)が大活躍します。

PTA室には、大小さまざまな大きさの付箋が用意してあります。これは経費で購入しています。

メールでは見ていないこともあるし、口頭では数字を間違えることもあるので、とにかく書いて渡すのが一番確実です。

その他の文房具

手帳のところでも書きますが、使用する文房具はひと通りPTA室に用意されています。
ハサミやノリ、マーカーなどもたくさんあります。養生テープなどもよく使います。

ボールペンなどは、本部役員は自分で持参しています。
フリクションあり、ジェットストリームあり、ノベルティあり、いろいろです。たくさんのカラーペンをお持ちの方も。私は3色ボールペンとシャープペンシル、消しゴムくらいです。
会計役が会計書類にサインするときにはフリクションは使えません。油性ボールペンと印鑑が必要です。

ボールペンはたまにオマケを寄付されるので、たくさんあります。
PTA室のカレンダーも、年末にオマケで貰ったものを誰かが寄付したものです。他にも持て余した貰い物が多いです。
いつもありがとうございます。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告
error: Content is protected !!