監査役

スポンサーリンク
広告

監査役って何?

本部役員の中に含めない場合もありますが、本部役員に近い役に監査役があります。
会計監査役ということもあります。

会計監査を行うくらいPTAの仕事全般に詳しいということで、それ以外の仕事の補佐も行うことが多いです。

クオリティコントロールマーク

geralt / Pixabay

監査役の仕事って?

本部役員からいろいろ相談を受けたり、補佐を行ったり、人手を補う仕事が多いです。

  • 会計監査
    会計長会計役と一緒に学期末の会計処理をチェックし、正確なら監査役として印鑑を押します。
  • PTAの行事で人手が足りない場合の手伝い
  • 地域の行事で人手が足りない場合の手伝い
  • 本部役員の相談役

どうやって選ばれるの?

前年度本部役員をやっていたOBから選ばれることが多いです。
本部役員の任期が終了すると、そこから数名が監査役にスライドします。
本部役員経験者のため、仕事の内容に詳しく、仕事をスムーズに行えます。
また本部役員時代の知り合いをたどって、必要な相手に連絡を取ることも可能です。
つまり本部役員の経験が必要になる役職ということです。

 任期は?

1年もしくは2年が多いです。
通常は1年たつと、その年の本部役員が次の監査役にスライドします。
人手が足りない時は、それ以上たっても手伝いの要請がある場合もあります。

スポンサーリンク
広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告
error: Content is protected !!